買取実績

Canon 超望遠レンズ FD 500mm 4.5L F-1 ボディ付 買取 しました!

2017年02月05日 [ カメラ・レンズ ]

Canon 超望遠レンズ FD 500mm 4.5L F-1 ボディ付 買取 しました!
 
500mmの超望遠 単焦点レンズ です( ゚Д゚)
個人的にも欲しいレンズですが高くて買えません(笑)
 
古いお品ですが保存状態もよくケースもありましたので高価買取させて頂きました!!!
ボディは Canon F-1 が付属しております。
 
マニュアルフォーカス一眼レフカメラの中でも最高峰と呼ぶにふさわしいカメラは?
と聞かれたら、きっとたくさんの方がこのF-1の名を挙げるのではないでしょうか(^^)
 
 
今回は他にもカメラを多数お売り頂いております!!
一つ一つ見させて頂きしっかりと査定させて頂きました(^^)/
 
リサイクルマート安城店ではアンティークカメラ(クラシックカメラ)の買取を強化中です!!
コレクションを換金したい!遺品整理・生前整理で出てきた!などご相談ください!!
古くても価値のあるカメラはたくさんありますよ!!
一眼レフカメラ、二眼レフカメラ、レンジファインダーカメラなど、、ボディのみ、レンズのみ、付属品のみでも大丈夫です!!
 
もちろん最新モデルも高価買取しています!!デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼レフカメラもお任せください!!
 
ニコン(Nikon)・キャノン(Canon)・ペンタックス(Pentax)・オリンパス(Olympus)・マミヤ(Mamiya)・ミノルタ(Minolta)・コニカ(Konika)・ライカ(Leica)・ツァイス(Zeiss)・フォクトレンダー(Voigtländer)・バルダ(Balda)・ローライ(Rollei GmbH)・エンサイン(Ensign)・ハッセルブラッド(Hasselblad)・ゼンザブロニカ(Zenza Bronica) など
 
リサイクルマート安城店は、ケンタッキー安城店さん、釣具の天狗堂さんと同じ敷地内で、通り向かいはカレーのCoCo壱番屋さんです。
県道48号線(安城警察署や消防署の通り)を岡崎方面へ向かう道中にありますので一度お立ち寄りくださいm(__)m
 
姉妹店の岡崎エルエルタウン店、カメリアガーデン幸田店・ベイシア常滑店でも同時強化中です!!
 
 
 
キヤノン F-1は、1971年3月に発売され、1976年までの5年間生産が続けられました。
 
F-1の発売される10年以上前の1960年代にはすでに、一眼レフは普及してきていました。
その代表的な大衆機は、現在中古市場でお目にかかることも少なくないをペンタックス SP ですが、プロ用の最高級機としては1959年に発売されたニコンF がその隆盛を極めていました。
もちろん、ニコンFにもシャッター速度や煩雑な底蓋式のフィルム交換、あるいは露出計を持たない(フォトミック・ファインダーは使用可能)点などに、改良の要望の声はあがってはいましたが、それでもプロ用最高級機種においてキヤノンはニコンにやや出遅れている、というのが当時の認識でした。
また、当時のフラッグシップ機の開発サイクルはおよそ10年に一度のスパンであり、ニコンF2の発売が十分に予想される中で、プロユーザーの用途に応えるカメラの開発と発売が、キヤノンの命題の一つにもなっていました。
こうした中、一眼レフのプロ市場での劣勢を挽回すべくキヤノンが世に問うたのがこのF-1です。
当時のカタログ所収の「ごあいさつ」には、「絶対的な信頼にお応えする完全互換をもつ完璧なシステムカメラを完成したものと信じ、ご愛用をお待ちいたします。」(抜粋)という、現在では使うのをためらうような「完全」「完璧」といった文字が踊っていたことからも、キヤノンのF-1にかける並々ならぬ思いと自信が見て取れます。
F-1は、それまでのニコンFがほとんど独占していたといっても過言ではないプロ、ハイアマチュア市場に風穴を開け、現在も続くEOSシリーズに至る体制の基礎を築いています。

一覧を見る